酒と猫と男と女

オットの不思議体験

カテゴリが妊娠じゃぁない気もするけど、ま、いいや。

9/7が亡きパパンの誕生日ということもあり、「ひょっとして・・」ムードが漂いつつ何事もなく終了。

と思ったのですが・・・・

昨日オットが帰宅し、今日の出来事を報告(オットはお話するのが好き)していると・・・

「今朝さ、シャワー浴びてたら、バフっと戸が開いたの」(うちはありがちなユニットバスの折れるタイプの扉)
「けっこうな開いたから、mayuちゃんが電話だよーとか、携帯持ってきたのかな?って思ったけど誰もいないし」
「風で開いたのかなぁ・・・ろっきゅんがあそこまで開けれないだろうし・・・」
「そしたらさ!」
「今日職場のトイレ入ってたらさ、また扉が開いたの」
「個室の扉じゃないよ、トイレ自体の出入り口の扉(トイレの出入り口の扉って重いよね)誰もいないのに。」

「今日の俺は扉が開く日なんだ!」

お風呂の扉はまぁ風かなぁ?と思えなくもないけど、職場のトイレの扉はねぇ。
あ、そういえばお風呂の扉だって、過去に強風の時もあったけど風圧で開いたことないや。

その時は、へぇ妙なこともあるもんだねぇ程度だったけど、その後のオットの様子が変。

トイレ行く時は妙な声出してるし(声出さないと扉が開く!とか言うてましたw)、TVがつまんないといつもはネットしにPC部屋にいくのに、ソファでぴったり隣にいるし。

ああ、怖いんだ^w^

1人で2Fに行くのがイヤらしいです。
こういうところは可愛らしいですなぁ、フフフ(* ̄ー ̄*)

そして、その晩遅くいわゆる丑三つ時ごろからの胎動の激しいこと。
臨月に入ってからは腹の中も狭くなってきたのか、胎動もゆるゆるしてたのに。

また寝れないので、こじつけながらスピリチュアルなことを考えてみた。

赤ちゃんは親を選んでやってくる関連の本の中で、産まれるまでの間、魂は出たり入ったりを繰り返して、最後ので体と一体化する。みたいな内容を読んだんですが、と、するとですよ。

産まれる前の最後の最後に抜け出してオットに挨拶してから、お腹に戻ったのかしら?

さらにこじつけですが、この頃のオットったらイビキが酷かったんです。
妊娠後期の寝不足の原因はコレもあった。

もともとまったくイビキをまったくかかないワケじゃぁなかったけど、どうにも酷い。
イビキ以外もうちのパパンの特徴に似た感じになってたんです。
しかも、悪いところだけ!(笑

最終的には父親に似た人を選ぶとか言いますが、まさか、そんなっ。
複雑な気持ちになってました。

それなのに、昨晩はとっても静かに寝てるんです。
スースーと心地よい寝息。
まるで憑き物が落ちたかのよう。

で、とたんに胎動は激しくなると。

なんども言いますけどこじつけですよん^^;

寝れない夜は、そんな現実味の無いことを考えるもんですよねー♪

ちなみに今朝あたりからはまた穏やかな胎動になりました。
うまいこと収まったのかな・・・・

そんなこんなで、今日も平和に過ごせそうです。

(`Д´)ノジャ、マタ!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

カテゴリライフスタイルにしてみました・・
しっくりくるのがどうにもこうにも
[PR]
by mayu_714 | 2010-09-08 09:57 | 妊娠1

夫とワタシと幼児と猫の生活
by mayu_714
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな