酒と猫と男と女

夜泣き?と病院通い(長編です)

いろんな事があったんです!

今朝、なのいーの給水をしようとしたらフタがあきません。
オットよ、どんだけぎっちり閉めてるんだよぉ~は、置いといて。

で、どこからどう書こうか・・・

まず、ワタシが病み上がりきってない状態で、丑三クンは元気なものの、たまーにコンコンと咳き込むように。

こんだけ密着生活してるんだし、うつらない訳はないよね!と待ってましたとばかりに(いや、待ってたわけじゃないんだけど)いそいそと病院へ。
結果は異常ナシ。
呼吸音もキレイだし喉も腫れてない。
いちお、咳を楽にするお薬だけはもらってきましたが・・・

うーん、やっぱ丈夫な子だわ・・・と感心しながら、その晩のこと。

ワタシってばよせばいいのに、そろそろ2Fで寝かしつけてあわよくば、深夜ミルクをなくそう!ネントレを強行しちゃったんです。
ほんとなんでこんなにいっぺんにしようと思ったのか。

まずはミルクの時間を少しずらし7時にして、8時には寝かせる作戦。

なんとかかんとか8時は過ぎたものの、寝始めたので「よっしゃ!」と心の中でガッツポーズをし、いそいそとリビングへ。

そう。
ぼちぼち夜ものんびりしたいなーという、ワタシの我侭が発端のネントレです。

8時に寝て、夜11時前にミルクして朝6時までねんねを目指してみました。

リビング到着から、たぶん1時間はたってないと思う。
2Fから「うにゃうにゃ」する声が。

眠りが浅くなるとはじまる、指しゃぶりしながらのゴロンゴロンのようです。
普段なら横でナデナデトントンで再びねんねになるのですが、場合によっては何もせずとも自然に寝ていたので、もしかして1人で寝てくれるんじゃ?と激甘な考えで様子見。

「うにゃ~ん、うにゃ~ん、ふぅ~ん・・・うぅ~ん、、、、
うぇ~ん・・・(このあたりから怪しくなる)うぁ~ん、、、ふぅん・・・(お、盛り返した?)うぅん・・・」

↑を数回繰り返し、うーん、やっぱ無理かな?ねんね介助いくかな?と思い始めた頃

「ふぇ~ん・・・ふやぁ~ん・・っふぎゃぁぁ~んっ」

あ、ちょっとベソかいてきた!
こうなるともう1人でねんねは出来ないので、急いで寝室へいき、抱っこしたとたんの事です。

「あんぎゃぁぁぁぁぁぁぁっっっっ・・・・・(少し呼吸止まる)っっっ・・・あっああーーーーんっ!!!」
(((p(≧□≦)q)))
まさかのマジギャン泣き。
というか、こんな泣き方したことないよ?
注射の時だってまだ穏やかだった。

縦抱っこでゆらゆらトントン、よーしよーしと声かけするも外部刺激シャットアウト状態。

とにかく泣く。しかも本気のやーつ。
オットもビックリ。

まず、どこか痛いとこがないか確認しようと寝かせてみると、丸まることもなく、どこかかばうようにするでもなく、直立不動の姿勢のまま(立ってないけどね)目をつぶってとにかく泣いてる。
痛いところはないっぽい。
とすると・・・

こ、これは夜泣き的なアレか!?

確かに特徴として聞きかじっている、寝ぼけたままのぎゃん泣きといえば、そうかもしれない。

なにやっても、もうノンストップで激しく泣いている。

こういう時は覚醒させるのがいいと何かで読んだので、明るいところに行ってみたり、はだかんぼにしてオムツを替えたりとしてみたけど効果なし。
「ん?」とすることもなく、その間もひたすら泣いてました。

こりゃ長期戦だな、自然に泣き止むのを待つしかあるまい。

だんだん泣きが下火になりかけても、自分の「ふぇっふぇっ」という嗚咽でまた泣く。
これを繰り返し、やっと泣きやんだ・・・

時間にしておよそ30分ちょいか?
延々泣きっぱなしで焦った・・・

泣き止んだら、何事もなかったかのようにすやすやとねんねしました^^;

その後すっかり懲りたワタシは、ぴったり添い寝のマンツーマンディフェンス体勢で寝ましたよ。
ま、お陰で朝まで寝てくれましたが。

ミルクの時間も寝場所も変わり、あげくいつも真横にいるママンがおらん!と不安になったのかなぁ。
ごめんよ丑三クン(T-T)ママが悪かったよ~

あれから数日、ぴたっと添い寝でもうあのギャン泣きはありません。

夜泣きって、毎晩数回あの泣き方で起きるんだろうなぁ。
夜泣き真っ最中のママさん、こりゃ大変だわ。

オットがぽつりと
「狂ったように泣いてたな・・・」

まさにそんな感じでした。

そしてそして、この間の朝のこと。
おはよ~
f0200773_849444.jpg
このお洋服は、姉サンタからのプレゼント。
70~80センチ用だけどなぜかちょうどいいのでパジャマ兼部屋着に。

ん?なんか変だぞ?
この写真じゃ見えずらいのでアップ。
f0200773_8545448.jpg
あれ・・おくちに・・・?
さらにアップ。
f0200773_8581178.jpg
お口がなんかただれてる!

爪で引っかいたにしては、ピンポイントで引っかきすぎだし、なにより別に心当たりが。

ワタシが風邪を引いた時、同じように唇が荒れて腫れたたんです。
その時は口唇ヘルペスかな?・・・弱ってるっちゃ弱ってるしねぇ。

で、関節痛と38度の発熱、激しい喉の痛みと続くわけなんですが・・・

いやーーーん、丑三クンにヘルペスうつった?∑( ̄Д ̄;)
そしてなんとなく熱っぽいので計ると37.8度。

こ、、、これは、、いよいよきたか・・・

もしワタシと同じならこの後激しい喉の痛みが。
それはなんとしても阻止してあげたい、せめて和らげてあげたい。
こんな小っちゃいのに、あれは辛すぎるでしょ><

せんだって病院へ行った時は、早すぎたのか肩透かしだったけど、今回はお熱もあるしなによりヘルペスもかもしれないしと、皮膚科も考え市民病院へ行きました。

で、診察・・・

「うーん・・・ヘルペス・・・かなぁ?水ぶくれにはなった?なってないんだよね。
お母さんも口腫れた時水ぶくれにならなかったんだよね?お口の中もキレイだし・・・」

どうにも見たところ、ヘルペスっぽくないとのことで、またもや咳を楽にするお薬とワセリンをもらって帰宅。

ワタシも皮膚科でちゃんと調べてもらうほどの気力もなく、なにより、本人が機嫌が良すぎて・・・下痢もおう吐もないし。

はっきりヘルペスだ!と断定できない限り、月齢ちいちゃい子に抗なんちゃら剤的な薬は使いたくないんそうな。
うん、それはそうだよねー。

てな具合に週末からまーあれこれありましたわ。

にしても、ワタシの唇の晴れと、丑三クンのは因果関係がなかったのかなぁ・・偶然かなぁ・・
確かにワタシの時は唇そのものが荒れたけど、丑三クンは上脣の上なのよね。

と、もやもやしつつ、最後に丑三お座り進捗状況
f0200773_942476.jpg
介助なしでも数十秒はお座りできるようになりました。

離乳食は少しおやすみ。

(`Д´)ノジャ、マタ!
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
カテゴリ変更しました~
[PR]
by mayu_714 | 2011-03-08 09:49 | 育児

夫とワタシと幼児と猫の生活
by mayu_714
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

育児
出産レポ
妊娠1
調理器具
主に猫話
コネタ
主に家話
オット不在時のツマ
主に金話
家庭菜園・グリーン
歯医者
釣り
日常
妊娠2

ブログパーツ

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな