酒と猫と男と女

母乳を止める薬

病院へ行く日の早朝。

すっかり夜は4時間以上寝てくれる丑三くん。

起こすのは忍びないし、けどせめてしこりのある左の母乳は出さないと・・・

ほんとだったらもっと寝てられるのになぁ・・ともそもそ起きて搾乳。

しこりはますますゴリゴリ痛いし、腱鞘炎の指で祈るように絞る。

あらかたの乳を出してから、乳首を揉み解していると、明らかに今まで出てなかったところから細く勢い良く飛び出てきた。

キターーーーーっ

苦節3日。
やっと封鎖されていた道が開けたようで、その後しこりの半分ほどが消え、痛みもそうとうラクに。

助かった・・・・

2時間おきに吸ってもらってたのが良かったのか、ワタシの指技がさらに精度をましたのかはわからないけど、峠は越えた。

けど今後のこともあるし、病院へは行ってきました。

人にしてもらうマッサージ気持ちえぇ・・・・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:

一度のマッサージでしこりは完全に消えないそうで、8割程度搾ってもらい、スッキリ爽快。

断乳の相談もし、いちおーということで「カバサール」という母乳を抑える薬を処方してもらいました。

ただ、飲んだからハイ終わりってもんじゃないらしく、普通の断乳と同じようにしなきゃならないんだって。
しかも、薬の場合は断乳期間いっさい乳首への刺激は禁止。

もともとミルク混合で母乳量も多くはないはずなので、薬は必要ないと思うけど、お守り代わりにと貰いました。

どっちにしろ、断乳時はおっぱいがパンパンになってもスッキリ搾りは出来ないので、オット不在の今はしない方がいいと言われました。
徐々に授乳回数を減らして、飲むタイミングは本人次第。

その間に赤ちゃん自体吸い方もうまくなり、断乳の必要がなくなれば一番いいんだけどねー。

中途半端な時期に断乳はワタシも避けたい。

もうちょっと大きくなって、「おっぱい」を認識して、「自分はこれが大好きだ!」とハッキリ自覚してから取り上げるのは非常に可哀想。

今すでにそうなりつつ・・・^^;

にしても、おっぱいが柔らかいって素晴らしい!

まとまって寝てくれるようになったので、今日は掃除機かけてみた。
いちどグッスリ寝ちゃえばダイソンごときで起きません。イイコ!

おっぱいトラブルが起きてから、何も出来ず家が荒れるし、ごはんは作れないし、汚部屋で痩せていく(そんな痩せてないクセに)自分にウツウツとしてたのが嘘のよう。

ちなみに出産してから7キロ減りましたわ。
ひと月ちょいで7キロ。
けっこうな量の米食ってて7キロ。

オットは遠くにいるし、そんなワタシを心配してか、オットの同僚女性が「出勤前に家によって見てこようか?」と言ってくれたそうですが、顔見るだけに寄られても・・・
いっそ半日有給とって丑三くんを見ててもらえるなら大歓迎だけどー(笑

で、久しぶりに晴れ晴れしてた今日の姉からのメール

「世界一の朝食食べてくる」

??

ああ、例のビルズが横浜に2号店を出したようですな。

ワタシはいつになったら煩悩溢れるような食事ができるんだろうか・・・

(`Д´)ノジャ、マタ!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

カテゴリライフスタイルにしてみました・
[PR]
by mayu_714 | 2010-10-23 11:40 | 育児

夫とワタシと幼児と猫の生活
by mayu_714
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

育児
出産レポ
妊娠1
調理器具
主に猫話
コネタ
主に家話
オット不在時のツマ
主に金話
家庭菜園・グリーン
歯医者
釣り
日常
妊娠2

ブログパーツ

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな